白い歯


審美歯科


┃審美歯科について

img

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。
バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。
保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。
当医院では、最先端の歯科医療技術で審美的にも機能的にも一人ひとりに合った治療を行っております。


● 金属アレルギーについて
アレルギーというと、花粉症や食品アレルギーを思い起こす方は多いのではないでしょうか?

人間は自分の体を守るために「免疫」を備えています。
「免疫」とは細菌やウイルスなどの「異物」を排除して病気になるのを防いでいます。その「免疫」が本来敵ではない食品や花粉、金属に反応して起こるのがアレルギーです。

金属アレルギーの多くはネックレスやピアスなどに触れた部分が赤くなったり強い痒みを生じる「アレルギー性接触皮膚炎」というものです。
症状が重い場合には皮膚が剥けてしまうことや手足や全身にまで広がることもあります。


● メタルフリーとは
金属を一切使用しない治療で、オールセラミックやe-maxがそれに当たります。
メタルフリーの特徴は下記の通りです。

•生体安全性が確立されております。(アレルギー報告 0件)
•可能な限り天然歯の色調を再現します。
•歯周組織に炎症を起こさない材質です。
•強度的にも問題がありません。


● 主な審美素材

img

● オールセラミック

金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。
特に色調や透明感に優れていますので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができるため、前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。
むし歯を治療したあと、歯の表面を削り、そこにセラミックのクラウン(冠)をかぶせて、歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善する方法です。



img

● メタルボンド

メタルボンドとは金属のまわりにセラミックを貼り付けたかぶせものです。中身が金属で出来ているので、強度がオールセラミックより強く、表面がセラミックで出来ているので、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性などのデメリットがあります。治療箇所により、比較的強度が必要な個所の治療に適しています。



img

● e-max

e-maxとは、審美性と耐久性を兼ね備えた最先端のセラミックです。高い生体親和性で、アレルギーの心配も無く、審美性でも、 天然歯のような最適な色、半透明性や明度を兼ね備えています。

【e-max】 http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/




ホワイトニング


┃ホワイトニングとは?

img

ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。
もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。
白い歯は、清潔で明るいイメージを与える美しい口元をつくり、素敵な笑顔の元となります。
歯の色が気になり、思い切り笑えなかった方も歯の「美白」をすることにより見た目のイメージだけでなく、精神面でも自信がもてます。
img



┃ホームホワイトニング
-自宅にいながら輝く白い歯に!-


img

ホームホワイトニングは、ホワイトニングジェルを塗布し化学的に歯を白くする簡単な方法です。
最初に歯科医院で歯列にあったマウストレーを作製します。
あとはご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して、決まった時間、継続的に装着することでホワイトニング効果が得られます。
歯を内部から外側まで「丸洗い」することで、「歯の美しい白さをよみがえらせる」ことも「今まで以上の白さを創造する」ことも可能になりました。

● 当院のホームホワイトニングシステム

img

オパールエッセンス

オパールエッセンスは、先天性、全身性、薬理性、外傷性等の要因や加齢による歯牙内部の変色を効果的に取り除きます。
また、一般のホワイトニングジェルに比べ、トレイから漏れ出ることは少なく、オパールエッセンスでホワイトニングした生活歯は長期にわたってシェードが持続します。

● ホワイトニングの治療ステップ

歯形に合わせた専用のマウスピースを作り、自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着します。
低濃度の薬剤を使いますので、長時間かけてじっくりと白くしていく必要があります。
個人差はありますが、一般的に上顎のみで1週間~2週間の時間をかける分薬剤が深くまで浸透しますので、効果が持続することが特徴です。

Step 1 ➤

img
医院で作製したマウスピースに薬剤を塗布します。

Step 2 ➤➤

img
薬剤を塗布したマウスピースを装着します。

Step 3 ➤➤➤

img
就寝前か就寝中に約2~3週間繰り返すことにより効果が表れてきます。


▲ページTOP

© 2015 平塚歯科医院